スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
絵描きのミカタ! WACOMの筆圧感知技術搭載のスレートPC、ASUS EP121
絵描きのミカタ! WACOMの筆圧感知技術搭載のスレートPC、ASUS EP121

EP121キタァーーー! こちらのモデル、あまりメディアで取り上げられてませんが...水面下ではかなり人気沸騰中です。予約数に生産が追いついていないようで、今では予約打ち切りのお店が多いです。メーカーもここまでバカ売れすることを予測できていなかったのではないでしょうか。私は運よくヨドバシカメラで予約することができ、予定より10日ほど早く商品が入荷されました。

今ではこのモデルのように、Windows7/Core i5/メモリ4GBと、ノートPC並みにハイスペックなスレートPCは各社から販売されていますが、EP121の一番強さはWACOMのデジタイザを採用しているところでしょう。今のところ、絵描き屋さんがお絵かき目的にスレートPCを買うとしたらこれ1択なのでは? このスペックでなんと、10万円を切っているんですよ!

絵描きのミカタ! WACOMの筆圧感知技術搭載のスレートPC、ASUS EP121

さっそく試し描き! 最初は入力面で少し慣れが必要です。

絵描きのミカタ! WACOMの筆圧感知技術搭載のスレートPC、ASUS EP121

さらに、Bluetooth式無線キーボードとスタンド機能付きケースもついてくるんですよ! 2つのアイテムを組み合わせてノートPCのように使用することも可能です。



さて、初期設定だけだとあまりWACOMの技術を堪能できません。なぜなら、初期設定だとArtRageという標準インストールされているお絵かきソフト以外では筆圧感知が効かないという謎仕様があるからです。

せっかくのスレートPCですから、SAIやコミスタなども活用したいですよね。その場合、非公式ドライバを入れることにより解決ができます。手順はこちらの記事を参考にしました。

※補足:あくまでも非公式ドライバなので、インストールは自己責任でお願いします。さらに、インストール前は必ずシステムの復元ポイントを作成しておきましょう。

なお、コミックスタジオをインストールする予定がある方は、ドライバをインストールする前に解像度を確定しておくことを強くおススメします! コミスタをインストールした後にディスプレイの解像度を変えると、タブレットポインタのズレが生じることがあるからです。画面を広々と使いたい場合は、コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズ>ディスプレイ>画面上の文字:100% に変更しておくと良いです。


これで、ごろ寝しながらラフ描いたり、電車の中でトーン貼ったり、公園で日光浴しながらペン入れ出来るぞぉーー!!
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 晴れ時々スケッチブログ. all rights reserved.
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。