スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
デジタル水彩ブラシを使用する際レイヤーをキャンバスと同じ描き味にする設定

20090323.jpg

PainterXのデジタル水彩の件ですが、更に調べて解決法を見つけました。

デジタル水彩ブラシを使用する際、キャンバスではSAIなどのように明るい色に濃い色を乗せていって問題なく影を作ることができますが、レイヤーに同じ手法で塗ると明るい色に濃い色を乗せていくと筆圧が弱まったところで明るい色がのりやすく、ムラが出来てしまいます。

どうやらこれはバグ仕様のようです。

キャンバスの描き味のほうがしっくり来ている方は塗りを全て1つのレイヤー(キャンバスレイヤー)で済ますのは大変だと思います。

新規レイヤーをキャンバスのような描き味に設定しましょう:

1.新規レイヤーを作成。
2.白で塗りつぶす。
3.レイヤーウィンドウの「透明度ロック」を有効にする。
4.デジタル水彩ブラシを使う。
(自動的にレイヤーがフィルターモードになり、白い部分が透明になります)

PSD形式で保存してPhotoshopで開いてもレイヤーモードは「乗算」になっているので見え方に問題はないことを確認しました。

以上、デジタル水彩でお悩みの方はぜひぜひご参考に!

(※こちらのサイトを参考にしました。)


話は変わりますが…

未発表のIntuos4の画像が流出したそうですよ!?

筆圧2048段階とかすごすぎるw

楽しみだ~(*´Д`*)
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 晴れ時々スケッチブログ. all rights reserved.
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。