スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
EP121でお絵かき - Kキャサリン
今までは割と試し描き程度だったんですが、今回はEP121でじっくり時間かけて描いてみました。下書きから着色まで3~4時間程度です。着色まで仕上げたあとはPhotoshopでちょこっと覆い焼き。

EP121でお絵かき - Kキャサリン

液タブを持っていないので詳しい比較レビューは書けないですが、やっぱり視界内でリアルなペン先とバーチャルなペン先が同じところにあるのはいいですね! アナログで描く感覚とすごい似てます。

Kキャサはちょっと盛りすぎたかな(←

スポンサーサイト
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
EP121でお絵かきする時は縦向きで! SAIやコミスタのオススメレイアウト
色々な方のEP121の使い方を見ていて感じたこと...縦向きで使っている人が多い! たしかに、割と大きいサイズですし、ヒザに乗っけて描く場合縦のほうが楽かも...。ただ、ディスプレイの解像度を変えたらコミスタでペン先がズレるという事故があったので(EP121に関わらず、デスクトップでも)、解像度を横向きから縦向きに変えるのは気が引けていました。が! 使っていくうちに、どんどん「縦向き」のほうが便利かも...と思うようになり、思い切って変更!こんな感じになりました。

EP121でお絵かきする時は縦向きで! SAIやコミスタのオススメレイアウト

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、SAIはデフォルトだと左右のウィンドウが固定されていて動かないので、設定を変えてウィンドウを分離しました。これなら、縦向きでも画面が狭くない!

分離方法は、

SAIフォルダ内misc.iniをテキストエディタで開き、PopupPanels=0をPopupPanels=1に変更

です!

EP121でお絵かきする時は縦向きで! SAIやコミスタのオススメレイアウト

コミスタは特に設定を変更することはないですが、解像度を変えた直後は各種ウィンドウが画面外に出てしまって、ドラッグできません。その場合は、

ウィンドウ>パレットの整頓>位置

で散らばっていたウィンドウが画面内に戻ってきますよ! その後、お好きなレイアウトにしてください。トーンウィンドウは画面右側に収納してくれるから、便利ですね!

やはり、解像度変更後、一部ソフトでポインタがズレるという不具合がありましたが、OSを再起動することによってほとんど解決できました。調子が悪いと思ったら即再起動、で今後もいけそうです。縦向き、快適ですよー!
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
EP121でお絵かきする時はタッチ入力を無効にしよう!
絵を描くときはがっつり手を画面において、安定した状態で描きたいですよね! 今回はASUS EP121でお絵かきをする際、手の腹が画面にタッチすることによって誤入力してしまうトラブルを避けるための設定方法をご紹介します。

まず、タッチ入力ON/OFFの切り替え方法です。
スタートメニュー>コントロールパネル>ハードウェアとサウンド
と進みましょう。

EP121でお絵かきする時はタッチ入力を無効にしよう!

「ペンとタッチ」の「タッチ入力設定の変更」をクリック。

EP121でお絵かきする時はタッチ入力を無効にしよう!

入力デバイスとして指を使う」のチェックを外し、「適用」を押す。

以上です! これで手が画面に触れてしまうことを恐れず、ぬるぬるとお絵かきができます。

さらに、最初の「ハードウェアとサウンド」画面で、「ペンとタッチ」の文字の上で右クリック(ペンやタッチ入力の場合長押し」すると、「ショートカットの作成」が出来るので、デスクトップにショートカットを用意しておきましょう。

EP121でお絵かきする時はタッチ入力を無効にしよう!

これで、いつでもタッチ入力のON/OFF設定画面が呼び出せます! お絵かきソフトを立ち上げる前に、設定を変更するクセをつけると楽ですよ~。
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
EP121で試し描きその2&手書き入力について
SAIで試し描きしてみました。筆圧感知の設定方法などは、前回の記事に書いてありますので、参考にして下さいね!

catherne03.jpg

この記事も、EP121で投稿してるんですよ!手書き入力がすばらしいです。最初はつかいづらいんですが、つかってくうちに筆跡のクセを学習していくのでどんどん入力が楽になっていくんです。

Evernote-20110421-184140.jpg

しかも変換もなかなかスマートで、「EP121」と入れると「E」がよく「臣」と認識されてしまうことか多いんですが、そのままムシして「P121」と続けて入れてくと「この単語は英数字なんだ」とEP121ちゃんが考えを改め、あとから「臣」が「E」に変換されます。色々な場面で予測変換発動してくれるので、もうEP121ちゃんに身を委ねちゃっていいですよ!
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
絵描きのミカタ! WACOMの筆圧感知技術搭載のスレートPC、ASUS EP121
絵描きのミカタ! WACOMの筆圧感知技術搭載のスレートPC、ASUS EP121

EP121キタァーーー! こちらのモデル、あまりメディアで取り上げられてませんが...水面下ではかなり人気沸騰中です。予約数に生産が追いついていないようで、今では予約打ち切りのお店が多いです。メーカーもここまでバカ売れすることを予測できていなかったのではないでしょうか。私は運よくヨドバシカメラで予約することができ、予定より10日ほど早く商品が入荷されました。

今ではこのモデルのように、Windows7/Core i5/メモリ4GBと、ノートPC並みにハイスペックなスレートPCは各社から販売されていますが、EP121の一番強さはWACOMのデジタイザを採用しているところでしょう。今のところ、絵描き屋さんがお絵かき目的にスレートPCを買うとしたらこれ1択なのでは? このスペックでなんと、10万円を切っているんですよ!

絵描きのミカタ! WACOMの筆圧感知技術搭載のスレートPC、ASUS EP121

さっそく試し描き! 最初は入力面で少し慣れが必要です。

絵描きのミカタ! WACOMの筆圧感知技術搭載のスレートPC、ASUS EP121

さらに、Bluetooth式無線キーボードとスタンド機能付きケースもついてくるんですよ! 2つのアイテムを組み合わせてノートPCのように使用することも可能です。



さて、初期設定だけだとあまりWACOMの技術を堪能できません。なぜなら、初期設定だとArtRageという標準インストールされているお絵かきソフト以外では筆圧感知が効かないという謎仕様があるからです。

せっかくのスレートPCですから、SAIやコミスタなども活用したいですよね。その場合、非公式ドライバを入れることにより解決ができます。手順はこちらの記事を参考にしました。

※補足:あくまでも非公式ドライバなので、インストールは自己責任でお願いします。さらに、インストール前は必ずシステムの復元ポイントを作成しておきましょう。

なお、コミックスタジオをインストールする予定がある方は、ドライバをインストールする前に解像度を確定しておくことを強くおススメします! コミスタをインストールした後にディスプレイの解像度を変えると、タブレットポインタのズレが生じることがあるからです。画面を広々と使いたい場合は、コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズ>ディスプレイ>画面上の文字:100% に変更しておくと良いです。


これで、ごろ寝しながらラフ描いたり、電車の中でトーン貼ったり、公園で日光浴しながらペン入れ出来るぞぉーー!!
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
【イラスト】キャサリンAGAIN
全エンディングを見て、トロフィー75%まで達成したところで力尽き、お世話になっている編集部のヘンシューチョーに貸して一か月くらい経ちますが、未だにブロックを押したり引いたりする夢を見ることがあります。

【イラスト】キャサリンAGAIN

やっぱりCキャサリン派。
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
Copyright © 晴れ時々スケッチブログ. all rights reserved.
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。