スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
ウェブサービス - ●●っぽいロゴが作れるジェネレータまとめ

人気アニメ風とか、Google風とかアマゾン風とか。。

フレーズを入れるだけで色々作れますw

●●っぽいロゴが作れるジェネレータまとめ

ひぐらし風ロゴのサンプルで笑い死んだ。


私も試しに「とあるさくらのジェネレータ」でロゴを作ってみました。

toarunaitou.png

ひどいロゴですね。


ぜひ皆さんもお試しあれ!
スポンサーサイト
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
画像処理はウェブアプリで!SUMO PAINT

ウェブアプリ「SUMO PAINT」を知人にオススメされたので、使ってみました。
http://www.sumopaint.com/

りんご描いてみた。
sumopaint_apple.jpg

使い心地は、フォトショ並みのクオリティー(*´Д`*)
レイヤー、各種フィルター、ブラシ、画像のアップロード&保存、ぼかし&覆い焼きなどなど、色々対応してます!

筆圧感知などは対応してないのでイラスト向きとは言えませんが、
写真レタッチやウェブ素材を作るには充分なクオリティーですよ!
急ぎで何がデザイン作業が発生した際に仮の環境で作業ができちゃいますね。

ブクマ推奨('∇')ノ
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
Intuos4ファンクションキーの有機ELディスプレイが便利すぎる。

どんなショートカットキーを割り当てたか分かるように、

有機ELで自分でつけたラベルが表示されるのです。

「デスクトップの表示」とか割り当てると何気に便利。


【正しい使い方】

CA390884.jpg



【痛い子の使い方】

CA390883.jpg


まだまともに描いてない。
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
Intuos4げっとー!!使用レポ

相方さんに誕生日プレゼントとして買って頂きました!あざーす!

僕の誕生日、一か月以上も先なんだけどね☆

細かいことは気にしない。

P1030314s.jpg

最初に行った店舗は売れ切れてて焦りましたよー(汗)

箱から出すまでの全てのステップを一枚ずつ写真に撮ったんですが、

全部アップすると痛い子に思われがちなので断念しました。


3から乗り換えて気づいたこと:

【○】淵がカーブになってるからキーボ使うとき腕を乗せても段差が気にならない、疲れない。

【○】ファンクションキーに何を振り当てたか分かるようにミニ液晶で表示が出る。3では何当てたかしょっちゅう忘れて全く使わなかったです…

【○】スクロールキーが便利すぎる。iPODのボタンみたいなやつ。真ん中のボタン押してスクロールとズームを切り替えられる。

【○】今まではオプション製品だったペン先が死ぬほど付属してくる。

【○】どう表現したらいいか分からないけど取りあえず筆圧感度がすごい。なんかもう、全部見透かされてる感じがする(謎

【△】表面はマット仕様で描き心地が紙に近いです。3はオーバーレイシートがツルツルだったので慣れるまでにしばらくかかるかも?ペン先の減りが気になるところ。

【×】右聞きの場合ケーブルを接続する位置が、右手前に来ます。PCや周辺機器の位置を考慮する必要があるかも。今の状態だと若干マウスとかち合ってしまう。

※訂正:裏のスライダーをいじったら奥側にUSBポートが出現し!?手前のと切り替わりました!結果、右側面の奥側にケーブルがくるのでマウスとかち合う問題は解決!説明書よく読め自分!


ソフト付きか単品かで選べるのもいいですね。近々試し描きでもアップしてみたいです!!

 

「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
デジタル水彩ブラシを使用する際レイヤーをキャンバスと同じ描き味にする設定

20090323.jpg

PainterXのデジタル水彩の件ですが、更に調べて解決法を見つけました。

デジタル水彩ブラシを使用する際、キャンバスではSAIなどのように明るい色に濃い色を乗せていって問題なく影を作ることができますが、レイヤーに同じ手法で塗ると明るい色に濃い色を乗せていくと筆圧が弱まったところで明るい色がのりやすく、ムラが出来てしまいます。

どうやらこれはバグ仕様のようです。

キャンバスの描き味のほうがしっくり来ている方は塗りを全て1つのレイヤー(キャンバスレイヤー)で済ますのは大変だと思います。

新規レイヤーをキャンバスのような描き味に設定しましょう:

1.新規レイヤーを作成。
2.白で塗りつぶす。
3.レイヤーウィンドウの「透明度ロック」を有効にする。
4.デジタル水彩ブラシを使う。
(自動的にレイヤーがフィルターモードになり、白い部分が透明になります)

PSD形式で保存してPhotoshopで開いてもレイヤーモードは「乗算」になっているので見え方に問題はないことを確認しました。

以上、デジタル水彩でお悩みの方はぜひぜひご参考に!

(※こちらのサイトを参考にしました。)


話は変わりますが…

未発表のIntuos4の画像が流出したそうですよ!?

筆圧2048段階とかすごすぎるw

楽しみだ~(*´Д`*)
「ゲームファンアート」ランキング参加してます!応援お願いします!
Copyright © 晴れ時々スケッチブログ. all rights reserved.
  • seo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。